新生活にもピッタリ!10,000円以下の電子レンジ7機種比較

2018年2月1日

東京でひとり暮らしをして7年たちましたが、我が家には電子レンジがありません。
ご飯は、炊いてジップロックの器に入れて冷凍しておくこともあるんですが、解凍するときはレンジは使いません。
だって、レンジがありませんから。
レンジが無いと言うと、いつも驚かれてしまいます。

スポンサーリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

じゃあどうやって生きてきたのか

底の深い鍋に3分の1くらい水を張ってザルを置いて、ザルの中に冷凍ご飯の入ったジップロックを置いて解凍しています。
これが20分くらいかかるんですよね。

冷凍チャーハンを買うときもあるんですが、フライパンで解凍しています。
なんせ、レンジがありませんから。

ということで、そろそろわたしもレンジを買う時が来たのかと思ったので、検討してみます。
でも、どうやって選んだらいいかわからない。
冷凍したものを温めるだけなので、できるだけ安価なものがいいなぁと、そのくらいです。
でも相場もわかりません。
あと、ターンテーブルじゃないやつのほうがいいな。
お掃除が楽そうだし、なんか見た目もよい感じがします。

価格は、価格.comから拾ってきたものなので、参考程度に。

レンジの型番は短いことがわかった

メーカー 型番 価格(円) 庫内容量(L) 最大レンジ出力(W) ドア開閉方向
アイリスオーヤマ IMB-F181-5 6,995 18 700 横開き
アビテラックス ARF-205 7,680 18 600 縦開き
ハイアール JM-FH18D 7,940 18 600 縦開き
ゼピール DFR-M2015 8,802 18 600 縦開き
ユアサプライムス PRE-6018PF 9,799 18 600 縦開き
アイリスオーヤマ IMB-FM18-5 9,800 18 600 縦開き
ツインバード DR-D269B 9,880 20 600 横開き

 

10,000円までで、拾ってみました。
グラフィックボードなどと違って、型番が短いですね。表を作る側としてはうれしいところです。

まあそれはいいとして、下の二つアイリスオーヤマとツインバードのやつは、とてもかっこいいです。
今のレンジは白くないんですね。
個人的に、新潟出身としてはツインバードを応援したいところです。

レビューを見てみると、パワーとか、温め中の音とかチンの音とかが検討ポイントのようですね。
なにせ7年間レンジを使っていなかったので、なるほどととても勉強になります。
でもこれ、実際に使ってみないとわからないですね。
あと、実際の質感もよくわからない。

いざ量販店へ

よし、この表を持って、家電量販店に行ってみよう。
とは言っても、印刷しなくてもいいのです。
スマホを持って行って、このブログにアクセスすればいいだけなのです。

↓↓↓ブログランキングに参加しています↓↓↓

にほんブログ村 PC家電ブログへ

スポンサーリンク