GoogleAnalyticsフィルタ用に自宅のグローバルIPを知る【PHP】

2018年1月13日

get-global-ip

なんだかブログを更新した日だけ、アクセス数が跳ねる。
やっぱり更新を続けるというのは大事なんだなー、とか思っていたんですが、どうやら自分のアクセスだったようです。

表示の確認で何度もアクセスしていたので、そりゃ跳ねるわけです。
これはどうにかしなくては。

スポンサーリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

GoogleAnalyticsのフィルタ機能

こんな便利機能があったなんて。
さっそく
http://checkip.dyndns.org/
とか
http://ipcheck.ieserver.net/

で、自宅のグローバルIPアドレスを調べまして。
GoogleAnalyticsページの左下「管理」を開いて、メニュー一覧にある「すべてのフィルタ」をクリックすると。
filter

こんな画面が出てくるので、プルダウンで「IPアドレスからのトラフィック」に変更して、調べたグローバルIPアドレスを入力して保存すると、自宅からのアクセスを除外できます。

でも自宅は固定IPではない

プロバイダが固定IPアドレスの契約で、グローバルIPが変わらないのであればこれでおっけいなんですが、我が家はもちろん固定IPの契約ではありません。
なので、グローバルIPアドレスが変わってしまう可能性があります。

変わったら設定を更新すればいいのですが、変わったことに気づくためには、上のサイトなどにいちいちアクセスしなければ…。

それはめんどうです

ということで、自宅にIPアドレス用のデータベースサーバをたてまして、

1.http://checkip.dyndns.org/でグローバルIPを調べる
2.データベースに登録されているIPアドレスと「1.」で所得したIPアドレスと比較する
3.メールでお知らせしてくれる

というアプリを作りました。
このアプリをタスクスケジューラで決まった時間に実行して、一件落着していました。

でもIPアドレス確認サイトが終了したら…、なんてことが頭をよぎりました。
そんなことはほぼないのかもしれませんが、何とも言えないところです。

よし、自前でやろう

ということでまたも作りました。
グローバルIPアドレス確認

checkip

ほんとに簡素なページです。
グローバルIPアドレスを取得して出力するコードはこんな感じ。
PHPです。

自分で書いたら、どのくらいアクセスしてもらえるものなのかと始めたブログですが、サーバを借りたことによってブログ以外でも、いろいろと楽しめそうな気がしてきました。
夢が広がリングです。

↓↓↓ブログランキングに参加しています↓↓↓

にほんブログ村 PC家電ブログへ

スポンサーリンク