会社員を辞めたら何をしていくのか

2019年10月21日

大学を卒業してからこれまで10数年、若干の空白期間はあったものの(!)ほとんどの期間を会社員としてやってきました。

でもこの度、会社員を辞めようと考えていることを以前のブログで書きました。

35歳で会社員を辞めることを決意した

スポンサーリンク

会社で仕事をするのが普通

会社辞めようと思っている、と周りの人に言うと「え、次の会社は決まったの?」とかいう質問が飛んでくるのが普通かと思います。

でも、すごく違和感を覚えるんです。

「え、今度はなにするの?」とかいう質問ならまだわかるんですが。

やはり会社に勤めるのが普通で、一般的な方法なんだろうとは思うのですが、人間ってそんなに限定的な選択肢しかないのか?と疑問が出てきます。

まあでも「え、なに出馬でもするの?」という質問が来た日には、さすがに驚くと思うので、自分も一般的な考えに染まっているんだとは思います。

切り分け

ただ、問題の切り分けとしては自然だと思うんですよね。

先に書いた通り、10数年(主に)会社員としてやってきました。

新卒からずっと同じ会社というわけではないので、そんなに多いわけではないですが数社に所属してきたわけです。

3~4社くらいかなぁ。

で、いろんな理由はあったにせよ、「このままではいけない」と思って転職をしてきたわけです。

今回もざっくり言えば「このままではいけない」と思っているわけで。

たとえば何か不具合の起きるパソコンがあったとしたら、共通点を探すと思うんです。

その不具合は、どういったときに起こるのか。

動画を見ているとき?メール受信したとき?Excelいじっているとき?

とか。

たいていリブートで直る

まあこういった不具合って、だいたいリブート(再起動)で直りますよね。

実際昨日、デスクトップにあるファイルをドラッグしようとしたら、まったくドラッグできない状態になりましたが・・・、リブートで直りました。

でも治らない場合もあります。

治らない場合は、たとえば動画の場合だったらプレイヤー変えてみようとか、YouTubeとかだったらブラウザ変えてみようとか。

とても自然な流れに思えます。

わたしの現状も、この状態です(断言)。

そもそも・・・

ただこれ一番怖いのは、そもそもスペックが足りていない、という場合です。

昨今はメモリ4GBでも少ないとか、SSDじゃないととか言われたりしますが、わたし自身、メモリは256MB(ギガじゃない)でIDEのHDDだから今の状態になっているとしたら…。

 

そのときはもう、テキストエディター専用機にするか、リプレイスするしかありませんね。

↓↓↓ブログランキングに参加しています↓↓↓

にほんブログ村 PC家電ブログへ

スポンサーリンク