100%純国産WEBブラウザを作る【C#】

2018年1月13日

web-browser

前回、【VBS】ネットワークドライブに再接続できませんでしたとは言わないよ絶対で、ちょっとだけプログラムに触れました。
プログラムというほどのものではないとは思いますが、やはりものを作るというのは面白いものですね。

ということで、ほかにもなにか作れないかなーと考えて思いついたのが。

スポンサーリンク

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

WEBブラウザです

日常的にいちばん触れるソフトウェアといえば、やはりブラウザですし。
ブラウザ自体はIE、Edge、Google Chrome、Firefoxeなどなどたくさんありますが、国産のブラウザは多くないですし。
純日本人のわたしが作れば、それはもちろん純国産のWEBブラウザだと言えます。

Visual Studio 2017 Communityで、C#で作ってみたいと思います。
上記のリンクからダウンロード、インストールしてMicrosoftアカウントを入力すれば、使用できるようになると思います。
Microsoftアカウントがない方は、作成が必要です。
インストールには、そこそこ時間がかかります。

Visual Studio 2017 Communityは、無償で利用できる開発環境ですので、とりあえずプログラミングをやってみたい方もインストールしていじってみるのがよいと思います。

「C# ブラウザ」でググると、
【C# WebBrowser】ブラウザを作成するというサイトがヒットしましたので、こちらを参考にしてみます。
先人さん、ありがとうございます。

実際に作成に入ります

インストールが済んだらメニューバーの
1.ファイル
2.新規作成
3.プロジェクト
と進むと。
makeProject

こんなウィンドウが出てきますので、「Windowsフォームアプリケーション(.NET Framework)」を選択して、名前に適当なものを入力して「OK」をクリックします。
画像では名前は、「WebBrowser」にしています。

すると、Form1というのが出てきますので、
design

ツールボックスにある「WebBrowser」というやつを、画像の通りドラッグ&ドロップします。

同じように、「Button」をドラッグ&ドロップします。
button

 
とりあえず、配置はこんな感じにしておきます。
form
 
そして上記画像右側の「Form1.cs」を右クリックして「コードの表示」をクリックして、実際にコードを書いていきます。

とりあえずとりあえず、こんな感じです。
では、デバッグしてみましょう。

debug
 

画像赤丸の開始をクリックすると、実際にアプリケーションを実行してみることができます。
配置されたbutton1をクリックすると。
viewBrowser

 

できた

表示されました。まちがいなく、Googleのサイトが表示されました。
これはまごうことなき、100%純国産WEBブラウザ誕生の瞬間です。

Googleだけではアレなので、Yahoo! JAPANも表示してみましょう。
コード中の「https://www.google.co.jp」部分を「http://www.yahoo.co.jp」に書き換えて再度実行してみます。

yahoo

 
・・・なにこれ。
なんか不安になったので、WEBブラウザについて確認しておきましょう。

Webブラウザとは、Webページを閲覧するためのアプリケーションソフト。利用者の指定したWebページを管理するWebサーバへデータの送信を要求し、送られてきたHTMLファイルや画像ファイルなどを読み込んで指定されたレイアウトで表示する。

IT用語辞典より

 
おっけい。
ギリギリセーフだこれ。

↓↓↓ブログランキングに参加しています↓↓↓

にほんブログ村 PC家電ブログへ

スポンサーリンク